11月21日(月)
 江里康慧先生 集中講義

平成17年11月21日(月)、京都の大仏師江里康慧先生の集中講義が行われました。
 江里先生は慶派の流れをくむ仏師で、古典の技法を忠実に踏襲しながら、現代の仏像を制作されています。

     今回の講義では『仏像彫刻〜伝統と今〜』と題して、仏師の祖である定朝のお話から現代に至るまでの仏師の興隆をお話しいただきました。江里先生は、古仏の造形および技法を探求され、現在では一時期途絶えた伝統技法による造像を心がけて活躍されておられます。 
 お話ののちは、直接学生の作品をご指導くださり、これまで先生が培われてこられた豊かな知識と数々
の造仏経験からもたらされた確かな技法を、余すところなくお教えくださいました。
 この講義が学生の制作活動にとって大きな刺激となり、今後の研究活動に豊かに反映されることでしょう。         
   


戻る