年報2006 編集中
「年報2006」の編集が進んでいます。
   また巻末に意見広告を募集しております。
文化財保護や当研究室に望むことなど、
皆様の意見広告を募集致します。
2006.12.吉日
各位

謹啓
 早や師走の候、みなさまにおかれましてはますますご清祥にお過ごしのことと
お慶び申しあげます。
 また日頃より、当研究室運営にあたり、ひとかたならぬご支援、ご高配を賜っ
ておりますことをこころより御礼申しあげます。

 さて、私が当研究室を担当するようになって三年が過ぎようとしております。
大学院修士課程が6名、博士課程が3名というちいさな研究室ながら、スタッフ一同力を合わせて文化財保護の新しい視野を開拓すべく頑張っております。

 また多くのみなさまのお力添えのもとに今年度刊行致しました年次業績報告
「年報2005」は、関係各位にたいへんご好評を頂き、彫刻文化財の保存と修復
の教育研究という地味な分野に対しご理解を頂くことができました。
そして独立行政法人下における大学研究室運営の新しい方途を示したとして、
各方面から高く評価して頂いています。

 現在、「年報2006」を来年5月ころの刊行を目指して、鋭意編集作業を進め
ております。内容は、教育研究の業績報告に加え、斯界で活躍する学外の方々や
先輩諸兄の随想やインタビューなども多数掲載する予定です。下記「目次(予
定)」をご覧下さい。

 末筆ながら、当研究室運営の委任経理金(使用目的を特定した芸大への寄付金
で、課税控除対象となります。)のご案内を送らせて頂きます。同封資料をご参
照頂き、趣旨ご理解のうえ、みなさまのお力で当研究室を育てて頂けますようお
願い申しあげます。

秋冷の候、くれぐれもご自愛くださいませ。                                    
                                  謹白

                      東京藝術大学大学院美術研究科
                    文化財保存学保存修復・彫刻研究室
                            教授・籔内佐斗司



         東京藝術大学大学院文化財保存学
          保存修復 彫刻研究室
         特定寄付金募集のご案内


 当研究室では、年度研究業績報告「年報2006」の刊行に充当する「特定寄付
金(使用目的を特定した東京藝術大学への寄付金)」を、下記の要領で文化財
保護に関心のあるみなさまから広く募集しています。
 趣旨ご理解のうえ、ご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。
                   文化財保存学保存修復 彫刻研究室
                          教授・籔内佐斗司

〜記〜

寄付金;1口 1万円から5万円

使用目的;研究室年次報告書の作成と、研究室運営の資金として。

特典;
1)「年報2006」巻末に寄付者のみなさまの意見広告や寄付者としてお名前を掲載させて頂きます。
全面広告  5万円
半ページ広告 3万円
四分の一ページ 2万円
お名前のみ 1万円

2)この寄付金は、東京藝術大学への寄付行為とみなされ、課税控除となりま
す。

3)当研究室から一年間を通じ、東京藝術大学や当研究室が関わるさまざまな催事のご案内や情報のご案内をお送り致します。


このことにつきまして、ご不明の点がございましたら、私または下記研究室までお問い合わせ下さい。
                              110-8714
                          台東区上野公園12-8
                           東京藝術大学大学院
                    文化財保存学保存修復 彫刻研究室
                        教育研究助手・渡辺友紀子
                          tel 050-5525-2279

〜年報2006目次〜(予定)

【刊行に寄せて】
【目次】
【ABOUT US】
【2005年度行事暦】
【教育実績】
博士課程
修士課程
修復実習記録
文化財保存修復演習記録
集中講義等レポート集
古美術研究旅行報告
学生による学外連携作業
 1)東博ボランティアおよびギャラリートーク
   「醍醐寺聖観音立像制作工程模型制作」
 2)学生の企業活動への参加
 3)菊池敏正、東大とのコラボ
【研究実績】
1) 文部省科学研究助成事業報告「2006年度3D研究」/
2)芸術研究助成財団助成事業報告「3D研究」/
3)受託研究「西念寺阿弥陀如来坐像修復および研究報告」/
4)受託研究「光照寺地蔵菩薩立像修復および研究報告」/
  *内覧会および開眼法要の記録
5)受託研究「浄瑠璃寺灌頂堂大日如来坐像修理および研究報告」/
6)教員研究「光林寺扁額修復報告」/
7)教員研究「江戸千家蓮華庵 川上不白像修復研究報告」/
* 寄稿「流祖像修復を手がけて」/籔内
8)教員研究「光林寺祖師像修復および研究報告」/同像修復グループ
9)教員研究「神楽面複製制作にあたって」/柿田
10)教員研究「小西大閑堂 阿弥陀如来立像修復報告」/渡辺
11)3Dデータ集積事業報告
2004年度一覧
2005年度一覧
2006年度一覧 
*寄稿「彫刻文化財における三次元デジタルデータの集積と活用について」
12)2006年度彫刻文化財調査報告
【巻末特集】
1) 先輩を訪ねて(予定)
・木下成通/美術院国宝修理所
・小林泰弘/京都科学標本株式会社
2)「木の文化と造形フォーラム」から
・ 「彫刻文化財の保存と修復の現場から 小野寺久幸〜仏像修復50年〜」など
・ 寄稿集「木の文化と造形・私の想い」抜粋
【余録】
1)「アーティストがお寺にできること」/籔内佐斗司
2)「佐藤朝山〜天平の幻影〜」/籔内佐斗司
【編集後記】
【奥付】
【意見広告】
※ 場合により、一部変更することがあります。
〜ファックス送信 050-5525-2279〜
東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復 彫刻研究室年次業績報告
「年報2006」に意見広告掲載について
ご意向をファックスにてお知らせ頂けましたら幸甚です。
Tel/fax 050-5525-2279担当:渡辺
「年報2006」に意見広告について
□ 掲載を希望します。
□全面
□半ページ
□1/4ページ
□お名前のみ
□ 検討します。
□資料送付希望
□希望しません。
ご芳名
ご連絡先
ご住所
tel
fax
e-mail

戻る