2007.2.吉日
東京芸術大学「卒展」大学院文化財保存学専攻
修了作品展および博士課程修了発表展の御案内

各位
謹啓、今年は、例年になく暖かい冬が訪れていますが、皆さまにはますますご健勝にお過ごしの事とお慶び申し上げます。また日頃は、当研究室の運営に特段のご理解とご支援を頂いております事をこころより御礼を申し上げます。
さて恒例の東京芸術大学卒業・修了作品展「卒展」および博士課程修了発表展の季節がやってまいりましたので、ご案内申し上げます。
当文化財保存学は、わが国の高等教育機関のなかでも数少ない文化財保護に関する実技を中心とした教育研究を行っており、彫刻研究室所属の修士課程の学生三名並びに博士課程一名の一年間の研鑽の成果をご披露いたします。その研究概要は、別紙をご参照ください。また彫刻専攻生以外にも、日本画、油画、工芸、建造物、保存科学などの専攻生たちも、文化財保存や古典研究に対して若い情熱を傾けた成果を発表致します。
ご多忙の折とは存じますが、みなさまにもぜひご高覧を頂き、ご指導ご鞭撻を賜りますようご案内申し上げます。                
謹白
文化財保存学 保存修復・彫刻研究室
教授 籔内佐斗司
会期;2007年2月21日(水)〜26日(月)
9時〜16時半(入場は16時まで)
但し、最終日は9時〜12時(入場は11時半まで)
会場;陳列館1F(修士課程 修了発表展)
正木記念館1F(博士課程 修了発表展)

○博士課程公開口頭発表会 2月25日【日】【別紙参照

大学院美術研究科 文化財保存学 保存修復彫刻研究室
tel・fax 050-5525-2279
http://www.geidai.ac.jp/labs/hozonchokoku/index.html

戻る