7月4日(水)・5日(木)

財団法人美術院から門脇豊氏が、かつて本学木彫科が使用した手板標本の調査のため来校され、当研究室と大学美術館にて調査を行いました。当派遣事業は、文化庁の助成によるものです。


戻る