11月28日(水)

〜東京芸術大学「博士審査展」〜

課程博士学位申請論文公開口頭発表会

大学院文化財保存学 保存修復彫刻研究室
※それぞれの画像をクリックすると別ウィンドウで拡大画像が出ます。

 今年度は「博士審査展」開催時期が恒例より時期が早まり、12月に行われることとなりました。このたび、本研究室の博士課程の学生1名が、修士(前期修士)課程で2年間の実技・研究を修了したのち、 3年間の博士(後期修士課程)で研鑽を積んだその成果をご披露いたします。また彫刻専攻生以外にも、日本画、油画、工芸などの専攻生たちも、文化財保存や古典研究に対して若い情熱を傾けた研究成果を発表致します。

 ご多忙の折とは存じますが、みなさまにもぜひご高覧を頂き、ご指導ご鞭撻を賜りますようご案内申し上げます。

 なお,東京芸術大学卒業・修了作品展「卒展」は、例年どおり年明け2月に行われる予定です。

博士審査展 

  場所:東京藝術大学大学美術館

  期間:2007年12月4日(火)~16日(日)月曜日休館

  時間:午前10時~午後5時(入場は午後4時半まで)

課程博士学位申請論文公開口頭発表会

  日時:2007年12月14日午後3時

  会場:東京藝術大学大学美術館 地下2階 第1展示室


戻る