井戸博章

修士研究題目『浄瑠璃寺灌頂堂 大日如来坐像模刻制作について』

概要: 本像は、京都府木津川市加茂町・浄瑠璃寺灌頂堂に安置され、普段は非公開となっていましたが、2005~2006年に私たちの研究室において全面解体修理が行われました。私も修理に携わらせて頂いた際に、その造形的美しさは勿論のこと、様々な技術的要素に魅せられ、修了研究として本像の模刻を通じて初期慶派の技法研究を行いました。

制作風景
大日如来坐像模刻

戻る