鈴木篤

修士研究題目『東京国立博物館所蔵 天王立像 模刻制作について』

概要: 東京国立博物館所蔵天王立像の現状を模刻制作することによって、一木造りにおける技法を追体験することをおもな研究目的としました。材料は原本と同じカツラ材を用い、3Dデジタルデータを活用して可能な限り現状を再現し、また造立当初から現在に至るまでの損傷部や後補部を検証しながら、後世の改変箇所を修正し亡失部の一部の再現も試みました。

制作風景
天王立像模刻

戻る