吉水快聞

修士研究題目『東大寺俊乗堂 快慶作 阿弥陀如来立像模刻制作について』

概要: 仏像の制作工程を実際に追体験することは、彫刻文化財の保存修復に必要不可欠な要素であると考えます。本研究は、現代まで続く阿弥陀如来立像の原点と考えられる本像の模刻制作を通じ、快慶の技法を追体験しその技術を習得しながら、本像が生み出された時代の息吹きを感じることを目的としました。

制作風景
阿弥陀如来立像模刻

戻る