視察風景

青蓮寺のご住職や檀家のみなさんに、籔内佐斗司教授、修復担当者の益田芳樹講師と博士課程1年生の黒柳奈未子、修士1年生の白尾可奈子が、修復の説明を行いました。

同像は、関東大震災によってばらばらになってしまい、ながく鎌倉国宝館で保管されていたものです。制作年代を特定する資料はいまのところありませんが、堂々とした体躯や構造などから、鎌倉時代末期から南北朝ころの像ではないかと想像されます。


戻る