奈良県 室生寺

木造 釈迦如来坐像 模刻

白尾 可奈子

<研究概要>
 平安時代前期に数多く生み出された一木造りの仏像は、用材の特性や大きさの制約をうけながらも、個性的で造形的な魅力に富んでいる。本研究では、榧材による一木造りの像である、室生寺蔵 木造釈迦如来坐像の模刻制作を行うことで、一木造り特有の量感に満ちた力強い造形について、理解を深めることを目的とした。
<本像について>
 本像は、奈良県宇陀市にある室生寺の弥勒堂に、客仏として安置されている。平安時代前期に造像された榧材による一木造りの像である。像高は約105cmで、体躯はどっしりとして、非常に安定感がある。本像の特徴ともいえる翻波式衣紋は、稜線の丸い大波と、小さく尖った小波を交互に繰り返す衣紋表現で、奈良時代末期から平安時代前期にみられる。三角形の折り返しや渦紋等、各所に配された効果的な意匠からは、制作者の強いこだわりが伺える。
 本像の用材である榧は、適度な硬さと粘り、光沢を帯びた黄色い木肌が特徴である。平安時代前期には造仏の用材として度々用いられているが、現在では、主に将棋盤や碁盤用に流通するだけで、彫刻に用いる程大きな材は極めて少ない。そのため今回は、頭体幹部を複数材はぎ合わせて一木に見立て、80%の縮尺で模刻を行った。
<制作を通して>
 本研究にあたり、夏期休暇の2ヶ月間は室生寺の近くに制作場所を移し、毎日実像を観察出来るという贅沢な環境下で制作に励む事が出来た。室生山の自然の中で実像とじっくり向き合うことで、写真や3Dデータからは解らない多くの発見があった。このような貴重な経験が出来た事に深く感謝し、今後の修復・制作活動に活かしていきたいと思う。

戻る