2015 年9月26日
『磐梯とくいつ藝術祭』オープニング

磐梯山慧日寺資料館企画展「模刻で学ぶ仏教美術」
平成27年9月26日(土曜日)〜10月12日(月曜・祝日)
9:00〜17:00まで(資料館、金堂・受付16:30まで)


地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金事業

 平安時代初期に、慧日寺をはじめ仏都会津を拓いた傑僧・徳一(とくいつ)。この謎に満ちた稀代の名僧へのオマージュとして、2015年秋、磐梯町では「磐梯とくいつ藝術祭」を開催いたします。磐梯山慧日寺資料館では、企画展「模刻で学ぶ仏教美術」を開催。
 本展では、我が国特有の仏教彫刻の展開を、東京藝術大学の教員・学生が制作した迫真の仏像の模刻(作品展示)や、仏像修復報告(パネル展示)などを通してご紹介いたします。
 国指定史跡慧日寺跡に建つ金堂内では、かつて存在した薬師如来坐像を3DCGで再現上映。
 期間中は、平成伎楽団によるパフォーマンスや、藝大メンバーによるギャラリートーク、蓮弁制作実演など、さまざまなイベントを開催予定です。是非ご来場ください。


テープカット


磐梯町 五十嵐町長のあいさつ


籔内佐斗司教授のあいさつ


来賓の皆様へ出展作品の解説を行いました。



復元金堂内

原寸の完成予想図の投影


戻る