『磐梯とくいつ藝術祭』
「模刻・模写で学ぶ仏教藝術Ⅲ ─ 如来をとりまくほとけたち ─ 」
慧日寺薬師如来公開制作

開催日時
10月1日(日)ー11月30日(木)


企画展会場 : 磐梯山慧日寺資料館 9:00→17:00(有料)受付16:30まで
公開制作 : 磐梯町駅前工房   9:00→16:30(無料)

主催:磐梯町

お問い合わせ
磐梯山慧日寺資料館
http://www.town.bandai.fukushima.jp

 磐梯町では、東京藝術大学と連携し、かつて慧日寺金堂に存在していたであろう巨大な薬師如来坐像(坐像だけで約2メートル、台座光背を含めると約4.2メートル!)の復元プロジェクトに取り組んでいます。
 第3回目となる今年は「模刻・模写で学ぶ仏教藝術Ⅲ ─ 如来をとりまくほとけたち ─ 」と題し、如来の周囲を彩る菩薩像や天部像、また仏教世界を鮮やかに描き出す彩色や截金の技法に焦点をあてます。
 また、磐梯町駅前に新設された工房では公開制作をおこない、薬師如来像復元制作の現場を直接ご覧いただけます。
 みちのくにいち早く花開いた「仏都会津」の象徴ともいえる慧日寺。1200年の歴史を、錦秋の磐梯町で感じてみませんか。

チラシ表
「人吉新聞 球磨版」

チラシ裏
「人吉新聞 球磨版」

 

 


戻る