7月9日(火)
科学情報交換会
第四講義室

「彫刻でのARの活用」
山田修(特任准教授)

代読:山田亜紀(教育研究助手)

 


科学情報交換会
令和元年7月9日(火)
於:第四講義室

【発表プログラム】

13:00 開催のあいさつ
荒井経 教授(保存日本画)

13:05 「重文『富士曼荼羅図』、 重文『上杉本 両界曼荼羅図』の調査方法について」
大和あすか 教育研究助手(保存日本画)

13:25 「壁画を事例とした撮影、実測作業の工夫」
日高翠 非常勤講師(保存油画)

13:45 「彫刻でのARの活用」
山田修 特任准教授(保存彫刻)
山田亜紀 教育研究助手(保存彫刻)

----------休憩----------

14:15 「縄文遺物の復元における科学分析について」
石原道知 非常勤講師(保存工芸)

14:35 「国宝薬師寺東塔の相輪について」
上野勝久 教授(保存建造物)

14:55 「表面分析のノウハウ」
桐野文良 教授(保存科学)

15:15 質疑応答




戻る