特集企画「OBを訪ねて」 
第13回 菊池敏正先生インタビュー

2014年12月24日菊池敏正先生の研究室にて。

略歴紹介 
 1979年愛媛県生まれ。2008年東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学保存修復彫刻博士後期課程修了。主な制作・研究に修士課程修了制作「興福寺 迦楼羅像模刻」(修士修了制作)、「天平時代における乾漆技法研究〜秋篠寺所蔵乾漆心木及び断片による復元考察〜」(博士論文)がある。
 2009年9月より、東京大学総合研究博物館インターメディアテク研究部門特任助教に就任。同大学学術文化総合ミュージアム(JPタワー(KITTE)内)の企画運営に携わる。また自身の創作研究では、主に乾漆、木彫による立体作品の制作研究を行っている。古典作品の技法材料を研究し現代美術との融合をはかる。。

インタビュースタッフ

中村志野(技術職員)
白澤陽治(教育研究助手)
伊谷勇哉・山田亜紀(修士1年)